生きるのって大変~障がい者枠で働いてます~

発達障害に殺されないで生きる方法模索中

表現したいのは負の感情だった(2021/12/26)

表現したいのは負の感情だった

こんちゃー。ついに今年も終わってしまう…また歳をとるのかと震えているだいふくです…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル ((来年も心身健康を第一に過ごしていきたいぜ。))

 

 

 

要約

今回は趣味のお絵描きのお話。私は物心ついた時から絵を描くのが好きで、それは変わらないまま今に至る(20代)。でもここ数年絵を描くのが辛くなってきた。その理由について考えてみたところ、どうやら私は「ハッピー!」「ラブ♡」とかのプラスの感情を絵で伝えようとするのがすごく苦手であること、わたしの創作の動機や原動力は「マイナス感情」だと言うことに気づいた。

f:id:nonnon164:20211226215117j:plain

描きたいのに、描けん!!つらい

 

お絵描きは楽しいこと?

ここ数年好きなキャラの二次創作をしてきて、何度も行き詰ることがあった。

推しへの気持ちは十分にあるし、「好き好き♡大好き♡」なのに、一向に筆が進まない。

描いていてしんどい。大好きな推しを描くことは楽しいことのはずなのに、なんでこんなに嫌なのだろうってモヤモヤしていた。

 

自分が下手で思うような絵にできないから嫌なのだろうと思って、絵の勉強に手を出した。さいとうなおき先生の動画を見て真似をしたり、見ないで描けるようになるためにひたすらピカチュウを描いたりした。

だけど、「下手だなあ…」が「うまくなりたい」よりはるかにデカくて、勉強は続かなかった。しんどさは無くなるどころか更に悪化した。

 

 

描きたいものに気づいた

最近ハヤカワサオリさんのブログを知って過去の記事をいくつか読んだ。彼女はイラストレーターでブログ内にいくつか作品を載せていた。彼女の作品はアンニュイな感じで少し暗めだけど繊細できれいで、可愛らしくて好きだ。

彼女の作品が刺激になって暗いテーマの絵を描いてみたくなった。二次創作ではなくオリジナルのイラストをなんとなしに描いてみた。

 

それが楽しかったのだ(久々に)。うまく描けたから嬉しいとかじゃなく、(画力は上がっていないし描けない難しい部分も多々ある)、でも描いていてとてもしっくりきた。私が描きたかったものってこういう絵だったって気づけた。とてもとても嬉しかった。ハヤカワさんありがとう。

 

 

描いた絵がこちら

f:id:nonnon164:20211227181941j:plain

ポップだけど内容は暗い絵

 

 

ここ数年のお絵描きが辛かった理由

どうやら私は負の感情の引き出しはたくさんある(だから「こんな絵を描こう」とアイデアがわきやすい)ようだが、正の感情はあまり引き出しがないようなのだ。今までの経験やもともとの気質のせいか、マイナス感情はとても馴染みがあるため表現しやすい(黒胆汁が多いと自負している<4体液説)。

でも「幸せ」「ぬくもり」「幸福」とかは表現できるほど自分に馴染んでいないのだろう。描こうとしてもアイデアは浮かばないし(ネタを探す努力もした)どう表現したらよいか分からず困ってしまう。

二次創作で描いていた絵は「推しが好き、可愛い、尊い」を表現した絵ばかりで、得意分野の負の感情ではなかったから、しっくりこなくて描くのに苦労していたのかもしれない。そりゃあ、お絵描きが辛いはずだ、今になってやっと腑に落ちた。

 

お絵描きが楽しくない人へ

好きなものを描いて楽しいはずなのに絵を描くのが辛いと思っているなら、「画力が足りない評価されない」とか二次的なものが理由ではなくて、もっと根本的なところに理由があるかもしれない。

例えば表現したいものがあなたの中でしっかり咀嚼されていなかったり、理解できないもの、馴染みのないものだったりするかもしれない。

 

すこし立ち止まって「自分が表現したいものは本当にこれだろうか」って考えてみてほしい。自分が描きたくないものを無理して描いていて辛いのかもしれない。それをやめたらお絵描きがしんどくなくなる可能性もある。

この記事が誰かに気づきをあげられるものになると嬉しい。

 

みんなが楽しく絵を描けますように。私も楽しく表現をしていきたい。